栄養たっぷり健康スープレシピで女性のプチ不調を改善

野菜、肉、魚…素材の栄養が溶け込んだスープは飲むクスリ。スープを飲んで健康になりましょう!

*

たっぷり野菜のトマトスープ ~リコピンパワーでキレイ度UP~

      2015/02/07

野菜たっぷりでお腹もいっぱい!
野菜室もお肌もキレイにしちゃうスープ

たっぷり野菜のトマトスープ

 


 

【材料(2~3人分)】

たっぷり野菜のトマトスープ

たっぷり野菜のトマトスープ

  • トマト缶 400g入り1/2缶
  • たまねぎ 1/2個(100g)
  • キャベツ 1/8個(80g)
  • しめじ 1/2株(50g)
  • ツナ缶 1缶(70g)
  • にんにく 1片
  • 水 200cc
  • コンソメ顆粒 小さじ1
  • 塩 小さじ1/40.75
  • こしょう 少々
  • 野菜はにんじんでもピーマンでも
    冷蔵庫にある物をなんでも入れてOK!

     


     

    【作り方】
    1.にんにくは皮をむいてスライス。たまねぎは大き目のみじん切り。
     キャベツは1~1.5㎝角に。しめじはいしづきをとってほぐします。
     
     P1020825
     トマトはカット缶ならそのまま、
     ホール缶なら1~1.5㎝角に切ります。

     


     

    2.
    P1020830

     鍋にツナ缶の油とにんにくを入れ、弱火にかけて炒めます。
     香りがしてきたらOK。
     私はここでにんにくを取り出しますが、そのままでもかまいません。

     


     

    3.P1020832
     たまねぎを入れて中火で透き通るまで炒めます。

     


     

    4.P1020833
     しめじ、キャベツを加え、ざっと炒めたら
     水、トマト缶、塩を加えてふたをして3分待ちます。

     


     

    5.P1020835
     3分後、野菜から水が出ていい感じのスープになりました。
     ツナを加え、コンソメとこしょうで味を調えたら完成です。

     


     

    【栄養メモ】
    カロリー 1人あたり128kcal
    塩  分  1.9g
    野菜摂取量  190g ←1日の野菜摂取目標量の半分以上
     

    たっぷり野菜のトマトスープ
    ●トマトの赤い色素「リコピン」は抗酸化作用があり、
     美白効果やアンチエイジング、血糖値を下げる、
     動脈硬化やガンの予防などに効果があるとされています。

    ●リコピンは生で食べるより
     油を使って炒めたり煮込んだりした方が吸収力がUP!
     牛乳との組み合わせも吸収力を高めるので
     朝食にスープと牛乳がオススメです!

     


     

    【するみのワンポイント・レッスン】

    ●トマトにはグルタミン酸、しめじにはグアニル酸という
     うまみ成分が入っているので、塩やコンソメ顆粒などの調味料は
     少な目でもおいしく仕上がります。

    ●ツナ缶の油を炒め物に使うことで、
     DHAやEPAなど油に溶け出た栄養も摂ることができます。
     ただし、DHAやEPAは熱に弱いのでツナは仕上げに加えましょう。

    ●余ったトマト缶は2~3日で使うなら冷蔵でもかまいませんが、
     すぐ使わない場合は冷凍保存も可能。
     タッパーウエアや保存袋に入れて保存します。
     約1ヶ月を目安に使い切りましょう。
    P1020824

    ● にんにくも冷凍可能。一片ずつにほぐして保存袋へ。
     私はこの方法で半年以上使っています。
    P1020827

     

    (Visited 330 times, 1 visits today)

     - コンソメスープ


    ↓↓応援ありがとうございます!↓↓
    にほんブログ村 料理ブログへ
    にほんブログ村
開放F値の値