栄養たっぷり健康スープレシピで女性のプチ不調を改善

野菜、肉、魚…素材の栄養が溶け込んだスープは飲むクスリ。スープを飲んで健康になりましょう!

*

ダイエットにも骨の健康にも
「まごはやさしい」豆乳味噌汁

      2015/06/08

  

 
まごはやさしい豆乳味噌汁完成品

「まごはやさしい」とはヘルシーな食生活を送るために大切な
食材の頭文字をとった言葉です。

 = 豆(豆類・豆腐・味噌・納豆など) たんぱく質・マグネシウムが豊富
 = ごま(ごま・ナッツ類) アンチエイジング作用あり
 = わかめ(海藻類 ミネラルたっぷり
 = 野菜 ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富
 = 魚 たんぱく質・ビタミンB群、青魚にはDPAやEPAなどの良質な油も
 = 椎茸(キノコ類) ビタミンDや食物繊維が豊富
 = いも類 糖質・食物繊維・ビタミンCが豊富。根菜は体を温める作用も。

毎日こんなに食べるなんて大変!と思ったあなた、
いい方法があるんですよ。それは…

お味噌汁を作ること!

お味噌汁なら上の食材が全部いっぺんに摂れるんですよ。

 
【効能】

●豆乳には大豆たんぱくが豊富。
 たんぱく質をしっかり摂ると痩せやすい体質になり
 ダイエットにも効果的です。

●豆乳に多く含まれる大豆イソフラボンは
 女性ホルモンに似た構造をしています。
 閉経後の女性は女性ホルモンの分泌が減ることで
 骨粗しょう症のリスクが高まるので
 豆乳などの大豆製品を食事に取り入れるとよいでしょう。 

●かぶは春の七草でいうところの「すずな」。
 根は淡色野菜、葉っぱは緑黄色野菜。
 まとめて使うと両方の栄養が摂れるお得な食材です。

●かぶの葉にはビタミンA、B1、B2、C、
 カルシウムや鉄などのミネラル、食物繊維もたっぷり。
 捨てずに料理に使いましょう。

●かぶの根はスープにすると胃腸を温めてくれるので、
 冷え性の予防、改善に効果的です。

●いもやキノコには食物繊維が豊富なので
 便秘の予防、改善にもオススメです。

 


 
【材料(3~4人分)】
まごはやさしい豆乳味噌汁材料

  • 小かぶ(葉っぱ付き) 1個
  • さつまいも 1本
  • えのきだけ 1/2袋
  • カット乾燥わかめ 大さじ1
  • みそ 大さじ2
  • ↑今回は淡色系の信州みそと白みそを混ぜてみました

  • すりごま  大さじ1
  • いりこだし 400~450㏄(水400~450㏄に顆粒だし小さじ1/2弱~1.2でもOK)
  • 無調整豆乳 200㏄

 


 

【作り方】
 
1.小かぶは葉っぱ部分はざく切り、
 根の部分は皮をむいてサイコロ状に切ります。
 さつまいもは皮をキレイ洗って皮のままサイコロ状に切って
 変色しないよう分量の水につけておきましょう。
 えのきだけは根元を落として半分の長さに。
まごはやさしい豆乳味噌汁切り方


 
2.さつまいもとカブを分量の水でやわらかくなるまで煮ます。
 まごはやさしい豆乳味噌汁作り方1 
 
 


 
3.カブの葉っぱ、えのきだけ、わかめ、
 豆乳を加え、ひと煮立ちしたら火を止めます。
まごはやさしい豆乳味噌汁作り2

 


 
4. 味噌を溶き入れたら再び火をつけ、煮立つ直前に火を止めます。
まごはやさしい豆乳味噌汁仕上げ
 


 
5.器に盛り付け、すりごまをかけたら完成です。

まごはやさしい豆乳味噌汁とサンドウィッチ
味噌汁と言っても豆乳が入っているのでスープ感覚。
サンドウィッチともよく合いました。
 


 

カロリー 1人あたり138kcal
塩  分 1.5g

 


 
【するみのワンポイント・レッスン】
●野菜やきのこ、いも類などは上の通りじゃなくても大丈夫。
 故郷から大量に送られてきた食材や
 買い物に行った時、特価になっているものを選べばOKです。

  

(Visited 2,040 times, 1 visits today)

 - ダイエットに, 便秘に, 冷え性に, 骨粗しょう症予防に, 味噌汁


↓↓応援ありがとうございます!↓↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
開放F値の値