栄養たっぷり健康スープレシピで女性のプチ不調を改善

野菜、肉、魚…素材の栄養が溶け込んだスープは飲むクスリ。スープを飲んで健康になりましょう!

*

かぼちゃのポタージュ ~β-カロテンで免疫力UP~

   

ほくほくかぼちゃはβ-カロテンたっぷり!
免疫力UPで風邪予防にも冷え性の改善にも!

かぼちゃのポタージュ

【材料(4人分)】
かぼちゃのポタージュ材料

  • かぼちゃ  1/4個
  • たまねぎ 1/2個
  • スープストック(または水300ccとコンソメ顆粒大さじ1)
  • 牛乳または豆乳 300㏄
  • オリーブオイル 大さじ1(バターでもOK)
  • 塩 小さじ1/3
  • こしょう 少々
  • シナモン、パセリなど お好みで

 


 

【作り方】
 
1.かぼちゃはスプーンで種とわたをとり、
 皮をむいてスライスします。
 かぼちゃの皮は写真のように平らな部分をまな板につけて
 表面をそぐようにむいていきます。
 (ちなみにするみはサウスポーです)
かぼちゃの皮のむき方
 どうしてもむきにくい方は
 かぼちゃを軽くラップで包んで電子レンジで約2分ほど温めましょう。
 皮がやわらかくなってむきやすくなります。
 たまねぎはスライスします。
 
 


 
2.鍋にオリーブオイルを熱し、たまねぎを炒めます。
 焦げないように、甘くなるように、じっくり炒めましょう。
 しんなりしてきたらかぼちゃも加えてざっと炒めます。
かぼちゃのポタージュ作り方
 


 
3.スープストックを加えて、沸騰したら火を弱めてコトコト15分~20分煮ます。
 アクが浮いていきたたとりましょう。
 竹串などを刺してみて、スッと通ればOK

 


 
4.粗熱をとってから、コンソメ顆粒を加えてミキサーにかけます。。
 急いで冷ましたい場合は、3.で加えるスープストックを
 少し残しておいて、このタイミングで加えるとよいです。
 ハンドブレンダーをお持ちの場合は、
 鍋にいれたままスイッチオンでOK!便利ですね。
かぼちゃのポタージュミキサー
 


 
5.かぼちゃペースト完成。
 このペーストはたくさん作っておいて
 冷凍保存袋などに1回量ずつに分けて入れ、
 冷凍保存しておくこともできます。
かぼちゃのポタージュペースト
 


  

6.かぼちゃペーストを鍋に戻し、
 牛乳または豆乳を加えて温めます。
 ボコボコ沸騰させないように注意してください。
 塩とこしょうで味を調えたら完成。
 シナモンやパセリをトッピングしたり、
 皮で顔を描いたりとお好きに盛り付けてください。
 


 

【栄養メモ】
カロリー 1人あたり111kcal
塩  分  1.8g

●かぼちゃには体内でビタミンAにかわるβ-カロテンがたっぷり含まれています。
 β-カロテンは粘膜や皮膚の抵抗力を高めるので、風邪予防にも効果的。

●かぼちゃには体を温める効果があるので、寒い冬にスープにして飲むのがオススメ。
 体が弱っている時や、胃腸があれている時などの病後回復にもピッタリです。
 


 
【するみのワンポイント・レッスン】
●1年中いつでも買えるかぼちゃですが、一番おいしく食べられるのは冬。
 収穫時期である夏から秋の始まりに獲れたかぼちゃを
 2~3ヶ月寝かせることで水分が抜けて、ちょうど冬頃においしくなるんです。
 冷え性効果のあるかぼちゃで体を内側からあたためましょう!

●冷凍したかぼちゃペーストは常温でもどし、
 牛乳や豆乳を加えてスープにしましょう。
 賞味期限の目安は約1ヶ月です。
 

(Visited 1,371 times, 3 visits today)

 - ポタージュスープ


↓↓応援ありがとうございます!↓↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
開放F値の値